ホームページ更新やライバルサイトのチェックに役立つテクニック

「ライバルサイト」これは、決して検索上位表示のライバルサイトと言うわけではありません。

未だに検索上位表示対策、いわゆる「SEO対策」と言う謎めいた言葉に魅力を感じる人も多く、私は、かれこれ8年以上も前に、検索上位表示対策テクニック、いや、SEO対策テクニックと言ったほうが馴染みがあるでしょうか…。どちらにしても、これらの「テクニック」から足を洗い、きままな検索経由のトラフィックを集める方法を手にしました。そんな中でも、やはりライバルサイトとして、収益がどれだけ上がっているのか…はたまた、どれだけのトラフィックを獲得しているのかは、分かりませんが、そんなテクニック好きの彼らのサイトから美味しい情報を頂いています。

そこで、今回の記事では、私が特に長年重宝している、ライバルサイトのチェック方法をご紹介します。

キャラ左

ライバルサイトをチェックすると言っても、彼らと同じキーワードでの上位表示は特に狙わない!と言うのがミソです。時には、出し抜くこともありますが(笑)

ライバルサイトのSEO対策を丸裸にしよう

冒頭でお伝えの通り、今でも、検索上位表示対策、特に「上位表示テクニック」励む企業のWEBサイトはたくさんあります。

特に昔から(今では、Googleも公式に採用していないと言っているにもかかわらず)まことしやかに言われているメタ情報(コンテンツタイトル、ディスクリプション、メタ キーワーズ)には、そのサイトがどんなキーワードで検索の上位を狙っているのか分かる情報が詰まっています。

これらの、現行の検索アルゴリズムや市場の検索動向を踏まえていないWEBサイトから競合サイトや競合企業の動向を探ることは、あなたがインターネットを使い収益を上げる近道になります。

では、それぞれのパーツを見ていきましょう。

コンテンツタイトル

コンテンツタイトルとは画像中の<tittle></tittle>>で囲まれた文章です。

昔から「タイトルはキーワードで始める」と言われ、タイトルの冒頭はキーワードで始めるのが基本とされています。

最近は、タイトルをキーワードで始めようと、タイトル内にキーワードが含まれていれば、充分と言う考え方が一般的です。

特にタイトルが「キーワード(半角スペース)|(半角スペース)文章となっているコンテンツやWEBサイトは検索上位表示を意識しているサイトと考えて良いでしょう。

中でも、キーワードで始まり、文章中にもう一度キーワードが繰り返し使われている場合は、メタ・ディスクリプションやメタ・キーワード、本文の見出しタグやキーワード出現率など、細かな点まで上位表示テクニックを盛り込んでいたり、共起語なども盛り込まれていたりするので、情報の宝庫コンテンツと言えるでしょう。

メタ・ディスクリプション

メタ・ディスクリプションとは、コンテンツ・タイトルと同様に、検索結果に表示される文章で、SEOテクニックでも注目されるパーツです。

このメタ・ディスクリプションにタイトルで使われているキーワードが2度、3度と繰り返し使われている場合は、検索上位表示を意図的に狙っているコンテンツです。

また、店舗サイトなど地域を意識したWEBサイトに関しては、このメタ・ディスクリプションに、地域名を羅列しているサイトをよく見かけます。

SEOの豆知識

メタ・ディスクリプションに限らず、本文に地域ワードを羅列したところで、上位表示のきっかけになることはありません。

かえって逆効果です。

なぜなら、店舗を探している検索ユーザーは、最寄りの店舗を見つけたいはずです。

この要望に対し、地域ワードが羅列されたコンテンツの場合、検索エンジンは、どの地域で検索結果に表示させれば良いか判断できなくなるわけです。

1コンテンツ1テーマの原則を守れば、1コンテンツ1地域となるのは必然です。

メタ・キーワーズ

メタ・キーワードをGoogleが見なくなって、もう何年も経ちます。それにもかかわらず、このメタ・キーワードに、上位表示を願うキーワードを羅列しているコンテンツは未だにたくさんあります。

これらのキーワードを参考に競合サイトの「サイト内検索」を利用し、該当のコンテンツが、どのような内容になっているのかを調査します。

そこから、あなたのサイトに掲載したいテーマ・キーワードを見つけられることもあるでしょう。

本文のキーワード出現率

本文のキーワード出現率はツールを使って調べることができます。

SEOテクニックの一環として、本文中のキーワード出現率は、上位表示を狙っているキーワードで4~7%程度、サブキーワードとして、複合キーワードでの上位表示も狙っている場合は、その半分に当たる2~3.5%未満。その他の検索キーワードとなりえる語句に関しては1%未満になるよう、関連語や共起語を使い分散すると良いと言われていました。

しかし、近年、コンテンツ中のキーワード出現率は検索エンジン最適化にとって「何の意味も持たない」という考え方が一般的となってきました。

昔は、キーワードを盛り込めば盛り込むほど検索上位を達成できた時期があり、次第に「キーワードの詰め込みはスパム」となったため「適度な詰め込み」を実装するために「キーワード出現率」を調整することがSEO対策として有効だったのでしょう。

しかし、近年では、そのような「テクニカルな要素」をGoogleは検索アルゴリズムに採用しておらず、検索動向や閲覧状況などの「行動要素」によって、コンテンツの有用性や検索キーワードとの兼ね合いを調整しランキングに返していると考えられるため「キーワード出現率の最適化=SEO→検索上位表示対策」という考え方は消滅していったのでしょう。

キャラ左

SEOにキーワード出現率が重要だとされていた頃、キーワードの接近率や本文中での分散率なども重要とする考え方がありました。

100文字程度の文章の中では何回まで…。連続する段落の書き出しがキーワードで始まってはならないなど、まことしやかなSEOの文章記述様式を提唱しているコンサルタントもいたほどです。

ひと口メモ

確かに、キーワード出現率に関する見解には賛否あります。私たちは「人は、重要なことを一定回数繰り返す「人は一定回数繰り返されたことを重要だと認識し記憶する」というコミュニケーション心理学の観点から、上位表示云々ではなく、コンバージョン・コンテンツなどを作成する際には気に止めるようにしています。

キーワードカテゴリーのビッグキーワードからの掘り下げ

コンテンツタイトルやメタ・ディスクリプションなどから発見した競合サイトのキーワードは、カテゴリー毎に整理し、Google AdWordsのキーワードプランナーを使い検索ボリュームや広告単価、競合性を調べます。

キーワードプランナーから抽出できたキーワードを参考に記事テーマや記事原稿を作るのではなく、上位のキーワードから、あなたが取り扱っている商材とヒモ付くように連想ゲームを行いキーワードをアイデアします。

連想ゲームからアイデアしたキーワードを、再びライバルサイトに戻り、サイト内検索を行なって、コンテンツの有無を調べます。

該当のコンテンツが存在した場合は、その内容を調べ、原稿を作成する際の参考にします。

強調したい箇所は、自分たちと同じか…それとも異なっているのか…
強調したい内容は適切に強調出来ているか!自分たちならどのように強調するか!
強調したい内容を「別のシーンを読者にイメージさせて」強調する事は出来ないかなどを検討し記事の幅を広げます。

豆知識

気になるサイトは、気になるキーワードで検索した結果から探します。

この時の検索はGoogle Chromeなら、シークレットモード、Safariならプライベートブラウジングなど、あなたの履歴が反映しない方法で検索を行なってください。

トンネルベアーという、Virtual Private Network(VPN)「仮想プライベートネットワーク」を使って、アクセスポイントを擬似的に海外に移して検索する方法もあります。(トンネルベアーの技術的な仕様の表現が適切でない場合はご了承ください)

それでは、次は、ライバルサイトを検索からではない方法で見つける方法をご紹介します。

時事ニュースやGoogleアラートを活用しよう

実際に検索してライバルサイトの調査をするのは、単発的な活動となり、繰り返し行なったとしても、同じサイトばかり目につく結果になります。

そこで、活用するのがGoogleアラートYahoo!ニュースです。

Googleアラートに気になるキーワードを設定しておけば、Googleからオススメの記事をメールで知らせてもらえます。

を言えば、このGoogleアラートを使いながら、Googleアラートの配信対象となる記事の特徴を見つけられれば、あなたのコンテンツもGoogleアラート経由のトラフィックを獲得できるようになると言うわけです。

Yahoo!ニュースから旬なネタと季節キーワードを見つける

Yahoo!ニュースの記事を一つひとつ閲覧する必要はありません。

ここで、探すのはYahoo!ニュースの記事中に差し込まれている「広告記事」です。もちろん、同業界のニュースコンテンツが掲載されている場合は調査の対象です。

ニュース系の記事やYahoo!ニュースのチェックは、一時的な調査ではなく、ニュースジャンルやよく読まれている記事のタイトル、内容などをチェックし、その傾向を探るのがポイントです。

特に、季節商材を取り扱っていなくても、季節毎に毎年人気になるニュースのキーワードなどを抑え、あなたの商材と関連させることはできないか調べてみてください。

季節キーワードを使ったコンテンツの作り方

季節キーワードを使ったコンテンツは、毎年そのシーズンになるとトラフィックを呼び込み、年々増える関連ページへのアクセスを誘導する、優秀なコンテンツとなります。

一年間を通して、このようなサイト回遊のキーとなる季節キーワード・コンテンツを持つことができれば、トラフィックは安定し、安定した収益も発生させます。

季節キーワード・コンテンツを作成する方法は、「52週マーチャンダイジング」という方法を使います。

「52週マーチャンダイジング」とは、毎週毎週計画を立て見直す営業戦術ですが、季節キーワード・コンテンツを作成する際は、少し考え方にアレンジを加えます。

その考え方とは「市場は1年を通して、毎週毎週催事やイベントに満ちている」という考え方です。

えば、1月1日は元旦です。この前後は、「年末」「年始」ネタで記事が書けます。 1月中旬には成人式があり、この前後1週間も記事のテーマとなります。

そうする内に節分となり立春、花粉症、卒業、入学、進学、就職となりゴールデンウィーク。

梅雨の到来では、梅雨入り梅雨明け、夏到来、海や日焼けシーズン、お盆に夏休み、甲子園に夏祭りなど、この他、ゴルフやプロ野球ネタなどのスポーツイベントを組み込めば、書ききれないくらいのイベントが年中溢れています。

ホームページを立ち上げた最初の年に網羅するのは大変なことですが、順次追加する意識を持てば、季節キーワード・コンテンツによって、トラフィックを安定的に稼げるようになります。

まとめ

SEOテクニックやSEO対策に凝っているサイトはhader要素を見るだけで丸裸に出来る!

キャラ右

逆に丸裸にされないよう注意も必要!

ライバルサイトを調査して、上位表示争いを挑むのではなく、自社コンテンツの拡充に役立てることが大切。

Yahoo!ニュースやGoogleアラートを活用して定期的に視野を広げ流習慣を付けることが大切

補足

過去、私(松村工)は、SEOコンサルタントとして活動してきました。しかし、Googleの変貌を気に、これまでの経験を活かし、コンテンツ・マーケティングに力を入れるようになり、その中でももっとも簡単ですぐにでも出来るトラフィック獲得法を見つけることが出来ました。

これらの気づきの素となった経験や考察は、拙著にまとめています。

下記より、ご確認ください。