ホームページの自作で失敗しないコツがいろいろ見えてきた
キャラ左

ホームページを自作する場合は、ドメインもレンタルサーバーも自社で管理する必要があります。
ドメインは年間1,000円程度。
サーバーも電話相談ができるサーバーを月々1,000円程度でレンタルできる時代です!

あなたの会社は、無駄な「ホームページ管理費」を、いつまで制作会社に支払い続けますか?

多くの人が、ホームページを作ろうと考えた場合、真っ先に「サイトのテーマにちなんだサイト名」を決め、そのサイト名に近い「ドメイン」を取得しようとします。

しかし、この手順がホームページの自作で失敗してしまう第一歩なのです。

この記事の概要

ホームページの自作で失敗しないコツは、結果として「時間」と「コスト」を大幅に削減することにつながります。
無駄な出費、無駄な時間はホームページの公開を遅らせますし、ホームページからの売り上げ獲得に躍起になってしまい、ホームページの運営が閲覧者への「押し売り」になってしまいます。

このような失敗を起こさないために、まずは「公開時に掲載するコンテンツの原稿」を作りを優先させます
この「公開時に掲載するコンテンツの原稿」をもとに「サイトのテーマ」や「ドメイン名」を決め、ドメインを取得する前に「ドメイン1個プレゼント」などのキャンペーンを実施しているレンタルサーバーと契約するのが、ホームページの自作で失敗しないコツです。

ホームページを自作しようと思ったら、まずは原稿を作ろう

ホームページを自作しようとした際、すでに「どんなホームページが必要なのか」と言った「ホームページのテーマ」は決まっていることでしょう。

そのため、多くの人(時折、私も含まれることが未だにあります)が、この「ホームページのテーマ」に、ちなんだ「サイト名」をアイデアし、ドメインを取得し、その後、コンテンツ原稿を作り始めるのが一般的な流れとなっています。

原稿を書き進める中で、ホームページのテーマが変更になることは多くはないと思いますが、新たなサイト名が浮かぶことは少なくありません。

また、同じテーマに沿った原稿を書いていく中でも「情報をどこまで公開するのか」や「PRする商材やサービス」を減らしたり増やしたり、また変更したくなると言うことは多々あります。

当初アイデアした「サイト名」や「ドメイン名」が、邪魔になってくる

ホームページの「詳細」に当たる「原稿」を作っていく際には、たくさんの「変更」が発生することが多く、結果的に、当初アイデアしていた「サイト名」や「ドメイン」が適切でなくなるケースが出てくるわけです。

ドメインは通常年間2,000円弱で取得可能ですが、「ドメイン1個無料キャンペーン」などを実施しているレンタルサーバーと契約した場合には、たとえ数千円と言えど無駄な経費が積み重なってしまい、ドメインの更新の際に「思い出したくもない小さな失敗」を繰り返し思い出してしまうこととなってしまいます。

原稿の作り方に関しては『ホームページ初心者のための「記事の作り方」』を参考にしてください。

ホームページを自作する場合でもSEOは重要ですよね?

ホームページを自作する場合に限らず、ホームページの作成を依頼される人の多くが「SEO」を意識されているようです。

SEOとは「検索エンジン最適化(Search engine optimization)」のことなのですが、多くの人が「SEO=特定のキーワードによる検索結果上位表示」だと認識しているようです。

確かにSEOは、ホームページを作る際にも、また、ホームページの運営を始めてブログ記事を追加する場合にも大切なことです。

詳しくは『SEOスキルを効率良くあげるコツ』で解説していますが、SEOはテクニックではなく「マナー」として捉え適切な「最適化」を行うことが重要です。

ホームページを自作する時に押さえておきたい5つのポイント』でも解説していますが、検索上位表示テクニックを盛り込んで、人気のキーワードで検索結果の1位を獲得したとしても、あなたの会社に売り上げをもたらすキーワードとなるかどうかは、まったく別の話なのです。

SEOや検索上位表示のことを機にする以前に、まずは、あなたのお客様となってくれる人たちが、どのような「情報」を、どのような「感情(欲求)」で求めているのかを整理し、あなたの会社や、これから作成するホームページで、どのように、これらの「見込み客」をサポートできるのかをアイデアし原稿作りに取り組んでください。

サイトの公開時に掲載する原稿が出来た後で「サイト名」をアイデアしよう

前述しましたが、実はこのサイトもホームページのテーマが決まって、まだ、原稿も準備できていないのに、サイトのタイトルを決めサイト名を設定してしまいました。

当初のサイトのタイトルは『ホームページの自社作成と自社運営で成果を上げ続ける方法と失敗事例』でした。

キャラ右

原稿をいくつか書いた後に浮かんだサイト名は『ホームページ自作&自社運営のすヽめ』でした(汗)

サイトのタイトルやサイト名にSEOを意識したキーワードを含めることは、とても重要なことなのですが、当初のサイトのタイトルもサイト名も長すぎて「覚えにくい」「紹介されにくい」と感じるところがありました。

ただ、新たに立ち上げるサイトのテーマは「ホームページを自作する時」や「外注に頼らない費用対効果の高いホームページの自社運営」に関する情報を掲載したサイトというテーマは固まっていました。

そのため、公開時に掲載する30ページ分の原稿作りに着手することは出来ました。

5ページ分の原稿テーマと章立てをアイデアした段階でいったん手が止まってしまったので、1記事目の原稿を書き始めたのですが、この時に「手が止まった理由」が、はっきりしてきたのです。

その理由は、
当初のサイトのタイトルにありました。

『ホームページの自社作成と自社運営で成果を上げ続ける方法と失敗事例』と言うサイトのタイトルでは、そのコンテンツのほとんどは「成功事例と失敗事例の事例集」となります。

キャラ左

同じ成功事例をマネしても成功できないように、成功事例の背景には、様々な要因が複雑に絡み合っているため、事例集サイトを運営したところで、ほとんどの人にとっては「ただの読み物」的なサイトとなってしまいます。

これでは、サイトを立ち上げる意味がないと感じたわけです。

結局、ホームページの作成や運営の事例サイトではなく、ホームページを自作する際に必要な情報とホームページの運営を続けていく中で費用対効果を上げていくために必要な情報を掲載することに徹するのが一番だと考え、『ホームページの虎の巻』というサイトの愛称を決め、本サイトのドメイン「hp-tora.com」を取得しました。

ドメインを取得する前に「ドメイン1個無料キャンペーン」を探そう

このサイトを運営しているエックスサーバーでは定期的に「ドメイン1個無料キャンペーン」を実施しています。

このサイトは、私が初めて運営するサイトでも、エックスサーバーで運営する1つ目のサイトでもないため、本サイトの「hp-tora.com」は、お名前.comで取得しましたが、もし、あなたが、今現在エックスサーバーを利用していないようでしたら、エックスサーバーのドメイン1個無料キャンペーンを利用して、ドメイン取得費用も更新費用もタダにしてください。

もちろん、ドメインプレゼントキャンペーンはエックスサーバーだけに限ったことではありませんので、エックスサーバーでの『ドメイン1個無料キャンペーン』の時期と、あなたがサイトを立ち上げる時期が合わなかったら、他のレンタルサーバーでドメインを無料でゲットしても良いと思います。



エックスサーバーを選ぶ理由

本サイトがエックスサーバーを利用していて、あなたにもエックスサーバーをおすすめする理由は、なにも『ドメイン1個無料キャンペーン』が開催されるからだけではありません。

まずは、私がエックスサーバーを使い続けている理由をご紹介します。

  1. 独自SSL(https://)が無料な上に、とても簡単
  2. ワードプレスのインストールがクリク作業だけでできる
  3. ワードプレスの高速表示支援ツールが充実
  4. 無料の電話サポートの対応レベルが高い
  5. バックアップ機能が充実

現在、他にも契約しているサーバーはいくつかある上に、数年レンタルはしていたものの契約を更新しなくなったレンタルサーバーは、数え切れないくらいあります。

そんな中、なぜ、長年エックスサーバーを使い続けているかと言うと、上記5つの要素が充実している上に月額利用料が1,080円と格安だからです。

このコストパフォーマンスを超えるレンタルサーバーに未だ出会っていないので、私はエックスサーバーでこのサイトを運営することに決めましたし、あなたにもエックスサーバーをお勧めしています。

それでは、それぞれ5つの充実したサービスの詳細をお伝えしたします。

独自SSL(https://)が無料な上に、とても簡単

常時SSL対応サイト

独自SSLとは、「Secure Sockets Layer」のことで、インターネット通信を暗号化し、お問い合わせの際などに入力するメールアドレスや個人情報を第3者に抜き取られることを防ぐ仕組みで、企業サイトには必須と言えるでしょう。

インターネット上の記事などでは「セキュアな接続を可能にする」などとも表現されており、一般的なSSLサービスは年間数万円の費用を必要とし、手続きも面倒です。

SSL接続を可能にするためには、ウェブサイトの運営者を証明することが必要で、それらの情報を管理会社に書類として提出する必要もあるのですが、エックスサーバーの無料独自SSLの場合は、すでにサーバーのレンタル契約において、これらの情報をエックスサーバーに提出しているため、別途、書類を提出する必要がありません。

エックスサーバーでの無料SSL設定は、以下の項目を埋めるだけです。

エックスサーバー無料SSl設定

本サイトもエックスサーバーの独自SSLを使っていますが、エックスサーバーでは、レンタルサーバー契約1つで、複数のホームページ(ドメイン)を運営できるので、大幅な経費削減に繋がっています。

また、常時SSL対応できていないウェブサイトの場合はグーグル・クロームでは「保護されていない通信」と表示されます。

SSL非対応のサイト
※画像のサイトは、私たちが運営しているサイトで、現在は常時SSLに対応しています。

ワードプレスのインストールが、とっても簡単

ワードプレスは通常、サーバーにワードプレスのデータファイル一式をインストールし、データベース(MySQL)設置して連携を図る必要があります。

キャラ左

システムに精通していない人だと、もうこれだけ専門用語が並べば「面倒」に感じてしまいますよね。

実際に手動でワードプレスを設定しようと思えば、以下の手順が必要になります。

  1. FTPソフトでワードプレスのデータファイル一式をアップロード
  2. データベース(MySQL)を構築する
  3. ブラウザ(グーグル・クロームやインターネットエクスプローラなど)で、ワードプレスをアップロードしたURLにアクセスし、データベース名やID、パスワードを入力し、ワードプレスとデータベースを連携させる
  4. ワードプレスのインストールに必要な項目を入力して実行
キャラ右

さらに、全て手動でワードプレスをインストールし、先述の「常時SSL化」やドメインのネームサーバーの変更などが重なれば、サーバーとドメインの設定が浸透するまでの時間を待たず作業を行ってしまい、バグや不具合が出てしまって、ちょっとしたパニックになる人も少なくありません。

エックスサーバーの『WordPress簡単インストール』なら、上記手順の最後の作業(ワードプレスのインストールに必要な項目を入力:下記画像を参照)とクリック作業だけで、あとは自動でデータベースを構築しワードプレスとの連携も自動で行ってくれます。

エックスサーバーのWordPressインストール画面

WordPressの高速表示支援ツールやセキュリティツールが充実しています

キャラ左

ワードプレスのデメリットといえば「ページの表示速度が遅い」点です。

WordPressサイト作成時に必要な専門用語を解説』でも解説していますが、従来型のホームページ(HTMLとCSSだけで作成されたホームページ)の場合なら、アクセスするファイルが少ないため表示速度に問題は出ません。

しかし、ワードプレスの場合、コンテンツの内容はデータベースに保存されます。

そのデータベースに保存された内容をphpファイルなどによって呼び出しHTMLファイルを生成してCSSの内容を読み取ってコンテンツを表示させます。

通常のHTMLで書かれたウェブサイトと違いワードプレスなどのCMSを使ったサイトは、とても便利なのですが、上記のような行程を経るため、時間がかかってしまうわけです。

この「表示速度を遅らせる要因」を改善させるワードプレスのプラグインなども多数あるのですが、ある程度の専門知識が必要となり、設定の仕方やThemeとの相性、レンタルサーバーとの相性によっては、コンテンツが正しく表示されなかったり、画面が真っ白になったりすることもあります。

そのようなリスクを起こさず、ワードプレスの表示速度を遅延させる要素をサーバーレベルで改善してくれる仕組みをエックスサーバーは提供してくれているわけです。

国外IPアドレスからのコメント・トラックバック制限

  1. Xアクセラレータ
    エックスサーバー独自の高速化機能
  2. mod_pagespeed
    Webサイトのコンテンツを最適化し、表示速度の向上および転送量の軽減を図る。その結果、コンテンツが表示されるまでの時間を短縮する。
  3. ブラウザキャッシュ
    他のレンタルサーバーを使った場合でもプラグインによって制御できます。
    ホームページの製作作業中は「OFF」にしておき、公開時に「ON」にすることをお勧めしています。
  4. PHP高速化設定(FastCGI化)
    CPU負荷を軽減し実行を高速化できる仕組み
  5. セキュリティ関連ツール
    • 国外IPアクセス制限設定
    • XML-RPC API アクセス制限
    • REST API アクセス制限
    • ログイン試行回数制限設定
    • コメント・トラックバック制限設定
      ツールによるスパム対策と国外IPアドレスからのコメント・トラックバック制限

電話サポートの対応がステキ!

昨今、電話サポートを行なっているレンタルサーバーは増えてきていますが、月額費用1,000円程度で、ここまで手厚い電話サポートを行ってくれるレンタルサーバーを私は知りません。

ホームページを自社運営するにあたり、多くの方が「ホームページ作りに関する専門スキル」には、いくばくかの懸念を抱くようですが、意外にもサーバー管理に関しての意識は低いようです。

一般的なホームページ制作を業者に依頼した場合、サーバーやドメインの管理まで製作業者に委託する企業も少なくありませんが「保守管理費用」という名目で毎月数万円を支払い続けている非常にたくさんあります。

世に数多くあるホームページの制作会社と言えど、サーバーを保有し自社管理しているホームページの制作会社はほとんどありません。

中には、自社サーバーを構築している企業もありますが、サーバーの特性や役割を考えれば、中小のホームページ制作会社がサーバーの稼働率やセキュリティを維持しながらサービスを提供し続けるに不安が残るところも多々あります。

一時期は乱立していたレンタルサーバー事業ですが、現在その多くは、大手レンタルサーバーの子会社化が進んでいます。

私もこれまでに10数社程度レンタルサーバーを試してきましたが、安定したサービスと、(利用条件にもよりますが)コストパフォーマンスの高いレンタルサーバーは絞られてきています。

特に、これからホームページを自作し自社管理を行おうと考えている企業にとっては、エンジニア的専門知識が多々必要となるサーバー管理においてエックスサーバーの電話サポートは、とても心強いのではないでしょうか。

キャラ右

個人的な経験談ですが、エックスサーバーの電話対応を通じて、私はサーバーの知識を養ったと言っても過言ではないと思います。

バックアップ機能も充実

ホームページを自社管理するにあたって「バックアップ」は非常に大切です。エックスサーバーの場合は、サーバー内のデータを毎日自動でバックアップしてくれます。

ホームページ関連のデータなら「過去7日間」データベース(MySQL)のデータなら「過去14日間」をバックアップしてくれますので、万が一、ハッキングや改ざんの被害にあったとしても、すぐに、元の状態に戻すことが可能となります。

また、ワードプレスのバージョンアップには、時折(最近は体験していませんが)バグを起こすことがあり、Themeがワードプレスの最新バージョンに対応できていなかったり、プラグインが対応できていなかったりすると、ログインすらできない状態に陥ることがあります。

そのため、WordPress自体でも「バージョンアップ時のバックアップデータの取得」を推奨しているのですが、うっかり、手動でのバックアップ取得を忘れてしまっていたとしても、前日にエックスサーバーが自動でバックアップを取得してくれているので、安心だというわけです。

記事のまとめ


ホームページの自作で失敗しないコツ

  1. ドメインは、ホームページの原稿が整ってから取得したほうが失敗はない
  2. レンタルサーバー(エックスサーバー)の「ドメイン1個無料キャンペーン」を有効利用しよう!
  3. SEOテクニックに惑わされるな!

ホームページの運営には、常時SSLの普及や交錯するSEOに関する情報の他にも、近年では「AIの導入」など、頭を悩ませることがたくさんあります。

自社運営するにあたっては、これら最新の情報に関して不安になることも出てくるでしょうが、サポートが充実しているレンタルサーバーと契約し、最新のホームページ活用に対応したサービスを受けることが、失敗しないための第一歩だと考えています。

キャラ右

専門用語に関しては、臆さずネットで検索する習慣を身に付けると、無駄な出費や時間を過ごさなくて済みますよ!